木目×レトロ

2023/09/26(火) すべて

こんにちは!菊地です。

今回は、改修工事をさせていただいた新潟市北区のS様邸をご紹介させていただきます。

 

とっても広いS様邸。老朽化して気になる部分があるとのことで、ご相談いただきました。

その中のひとつが浴室です。

 

【Before】

床のタイル、昭和レトロでかわいいです。

でも、タイルはお手入れが大変ですし、冬場は冷たい…。

そして、長年使用していると床と壁の取り合いに隙間ができたり、目地が劣化したりして、さらにそこから水が入り込むと土台や柱の腐食につながるケースもあります。

【After】

クッション性のある床が特徴的なTOTOさんのサザナです!

浴槽も以前よりゆったり広く快適になりましたし、お手入れもしやすくなりました。

もちろん、断熱性能も大幅UPしております。

壁はアクセントでダークカラーの木目柄に。以前の浴室から、ガラッとイメチェンしました。

 

そして、もうひとつ洗面脱衣室。

【Before】

漆喰塗壁と、天井・床・建具に木が使われており、温かみのある雰囲気でした。

 

【After】

下台は、Panasonicさんのウツクシーズ。

水栓が上部についているので、水栓周りに水垢がたまりません。

さらに、ボールと背面の継ぎ目がない一体成形のハイバックタイプなのもお手入れ楽ちんのポイントです。継ぎ目の部分に汚れがたまりやすいので、それがないということでお手入れする箇所がひとつ減ります(^ ^)

床には、ヘリンボーン柄のクッションフロアを張りました。化粧台のチェリー柄の木目とも相性ばっちりです。

 

ミラーはKAWAJUNのものです。ミラー付きの扉を開けると収納になっています。

サッシは、以前は引き違い窓でしたが、縦すべり窓に。サイズは小さくなりましたが、縦すべり窓は、開いたときにガラス部分が風をキャッチして室内にと効率よく取り込んでくれる優れもの。

 

建具は既存のものを使用し、洗面脱衣室を出た廊下もそのままということで、もともとの部分と新しい部分とが不自然にならないようにアイテムを選びました。

以前の温かみのあるやさしいレトロな雰囲気を残しつつ、断熱性やお手入れのしやすさ等の機能性も向上することができました!

1ページ (全54ページ中)