内田 脩 自己紹介へ

令和につながる架け橋その1~明治~

2019/06/17(月) 日々のこと

車場川拱渠(信越本線)

明治30年(1897)に架設された新潟市秋葉区にある小アーチ橋。

レンガをねじ曲げながら積む「ねじりマンボ」という素敵なネーミングの工法で造られている、貴重な現役の鉄道遺産。

内部の壁面にはねじれて積まれたレンガが一部露出していて、内部の様子がよくわかります。

ねじれてもなおマンボ、昔こじれてマッポという友達がいましたが…

 

 

 

では、また次の橋の回で。

 

1ページ (全37ページ中)