ページトップへ

スタッフブログ

本日は節分です

私が小さい頃の記憶を思い出してみると、

雪の降る中庭に向かって『落花生』を投げた記憶があります。

どうやら落花生を投げるのは東北地域に多いようです。

なぜかと調べてみると、はっきりした理由はわかっていないようなのですが、

「拾う時に雪の中見つけやすい」「大豆よりカロリーが高い」

など寒い地域ならではの理由があるようです。

 

食べ物で熱を蓄えることも大切ですが、

リフォームで熱を逃がさないこともできます。

リフォーム工事相談の要望でNO1に多いのが、寒さの改善です。

建具の設置で家の中を快適にすることができた事例をご紹介します。

 

まずは玄関前

 

 

3枚にして開口の幅が大きくなるようにしました。

玄関と廊下にワンクッション部屋ができることで、外と室内の間に断熱の効果を持たせることができます。

 

お次は階段登り口

圧迫感が出ないように半透明のアクリルパネルにしました。

登り口にも引戸を取り付けました。

 

 反対側からのアングルです。

うしろに壁があって、これが精一杯の引きショットです(汗)

階段からの冷気を遮断します。

 

こちらのお宅は1階を生活の中心にしていて、2階は空き部屋状態の為、

暖房をしても、使っていない2階からの冷気で、

廊下に出ると別世界のように寒い状態でした。

建具で仕切ることで、廊下が以前よりも暖かく、

脱衣室へ洗濯物に行ったり、トイレへの行き来が快適になりました。

 

建具の有無で、家の中の使い方、暮らし方が変わる!っていいですね(^-^)

私にとっても有意義なお手伝いをさせてもらいました!

ありがとうございました!

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全43ページ中)